FC2ブログ

幼少期の記憶の一片

Posted by TSUTOMU on 07.2009 0 comments 0 trackback
ここ、昨日と幼少期の記憶を微かながらに思い出す

(その思い出す記憶をたよりに、このメールを打ち始めている時にも
ラップ現象が、部屋で起きだしています)

忘れていた記憶

そう、小学生の頃、確かに霊は見えなくても、体で感じ何かが話を聞いて欲しいと
近づいて来ていた記憶

小学1、2年生の頃、学校の担任の先生(ちょっとヒステリックな若い女の先生)に
落ち着きもない子のせいもあったのか、毎日のように叱られた というよりも怒られ、
学校に行くのが苦痛になりながらも通い続け
2年生を終える頃には
指で登下校の度に、怒られなかった日って何日あっただろう~と、指で数えていました
「おそらく、2、3日だったよな~」と指で数えていた記憶
(今となれば、そんなに怒られた小学生っていないんじゃないかって、少し(笑)だけど)


john singer sargent: carnation, lily, lily, rose / freeparking



当時は
大人からの影響で、「良い子になろう!人の話をよく聞こう」と、
反省し、自分を戒めていたように思う

ただ、話を聞こう、よい子になろうという思いが、
自己内対話をやり続ける結果となり
逆に

「話をよく聞くよい子になる事、思い(エネルギー)が
見えない存在を近づけて、相談にのってくれって聞いてくるんだよな~」

「困ったな~、よい子になるのも~」(笑)

なんて、子供ながらに自問していたのでした

1つのシーンとして
お風呂で髪を洗っていた時、見えない存在が、
自分に近づいてきて話を聞くと離れていかないような気がした恐怖感

実際に、しばらく離れて行ってくれなかった

もう、20年以上前の記憶

その頃は、どこで覚えたのか、自分で感じとったのか

感情を込める事がすごく大事で
「あっち行けー!!!」と

一人で、両親に気づかれないように言っていた子供でした

子供の頃は、そういう存在を感じやすいと言われるけど、自分にもそのような記憶を
また1つ思い出しました

今は、そのような存在が近づいて来ても、遠くへ向かわせる方法を学んだけど

あの時、「感情を込めて、あっち行けー!!!」と言うよう教え、支えてくれたのは

ハイヤーセルフ(自分の高次の存在)であったように思う



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://bluemoment226.blog58.fc2.com/tb.php/28-9ae1d6b5

お知らせ

☆-------------お試しコース-------------☆
12,000円(60分)→5,000円(40分)(内、一部返金あり)のヒーリングコースです。
初回、60分コースのご利用も可能ではありますが、ブログを見て興味をもたれた方や 初めてBLUEMOMENTのセッションを ご利用される方にも、お薦め出来るコースです。
>>お試しコースの詳細
カウントダウンタイマー
お問い合わせ先(直通)
①090-4174-0655(担当:中台)
②スカイプでのお問い合わせも可能
ログイン状態
上の表示がオンライン、オフラインかをご確認の上、お呼び出しください^^

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

相互コミュニケーションの場

情報交換や心の癒しどころとして、ここにコミュニケーションの場を設けました。有意義にお楽しみください。
(個人情報の取り扱いに関しては、自己責任の元 ご利用ください。)

~今月のスケジュール~

☆::;:;:;;::*:;;::;;:*:;;::;;*:;;:::;;;:☆


↓↓ブロとも申請される方は↓↓

~この人とブロともになる~

☆:::;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;*:;;:::;;;:☆    なぞとき コミュニティを立ち上げてみました。 有効活用してみて下さい。 ~なぞとき~

QRコード

携帯からもご覧になれます

QR

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

▲ top